<-- OGP -->; Category[ 手づくりコスメ ] - オリーブのこころみ

UVクリームの作り方

2014年04月24日 17:27

川崎にいたときは、夏でもほとんどUVクリームをつけずに過ごしていました。

松田麻美子先生のナチュラルハイジーンの講演会で、ブルーベリーは飲む美容液というお話があり、夏中、ブルーベリーのスムージーを飲んでいたら、あまり日焼けもせず、シミも増えませんでした

関連ブログ記事はこちら>>をご覧ください。

しかし、さすがに沖縄の日差しを見て、考えを変えました

これは、UVクリームをつけた方がよいかも…

ということで、お友だちにオーダーいただいたついでに、自分の分も作りました。

uvcream.png


【手作りBBクリームのレシピ】


できあがり約50ml
  • 精製水_40ml
  • ホホバオイル_5g
  • オリーブスクワレン_5g
  • エマルシファイイングワックス_2g
  • グリセリン_2g
  • サンスクリーンミックス_5.6g
  • ライトベージュマイカ_2g
  • ローズウッド(エッセンシャルオイル)_5滴
  • クエン酸銀_5滴


【BBクリームの作り方】


  1. サンスクリーンミックスをよくつぶして塊をなくしておく
  2. 精製水を湯煎で70度くらいにする
  3. オイル類とサンスクリーンミックスをよく混ぜ湯煎で70度くらいにする
  4. オイル類に精製水を加えよくかき混ぜ乳化させる
  5. グリセリンを加えよく混ぜる
  6. エッセンシャルオイルを入れる
  7. ライトベージュマイカを少しずつ加え、肌色とあわせる
  8. クエン酸銀を加えよく混ぜる


*オイルと精製水の湯煎ですが、同じお鍋に入れておけば、自然と同じ温度になります。(当然ですが…)

-------------------------------------------
*サンスクリーンミックスの内訳
二酸化チタン_12g
超微粒子二酸化チタン_6g
酸化亜鉛_15g
超微粒子酸化亜鉛_12g

全部混ぜる。
できあがり100gに対して、
サンスクリーンミックス11.2gを加えることで
SPF15くらいの日焼け止めが作れます。
-------------------------------------------

 uvcream_base

これは、オイル系素材に、UV機能のあるパウダーを混ぜ、精製水と合わせて乳化させているところです。


■ファンデーションはクリームタイプを


これはUVクリームですが、ファンデーションもかねています。いろいろと分けて使う必要はないので。

個人的に、ファンデーションはお粉よりはクリームタイプが気に入っています

年齢を重ねると乾燥に敏感になります。お粉タイプは、しわが増える気がしてなりません

このクリームタイプも、できるだけほうれい線あたりは避けるようにしてつけています。つければつけるほど、お肌は老化してしまうので。


■香りはドテラのフランキンセンス


frankincense.png

今回の香りは、ローズウッドにドテラのフランキンセンスをミックスしました。

ドテラはローフードマイスターの間でとても流行っていて、ロースイーツを作るのにもよく使われています。

フランキンセンスは、しわやたるみ、しみに効果があると言われているアンチエイジング精油です。

精油の効果ってどうなんでしょ?と思っていましたが、このドテラの他のブレンドオイルに症状の即効性を感じたのでお肌への効果もちょっと期待しています♪

即効性とは、ディープブルーで、主人のしこりになってしまった筋肉痛が解消したのでした。

仮に効能なくても、フランキンセンスはものすごく素晴らしい香りです♪


■UVクリームの材料と購入先


私が使っている、UVクリームの材料の購入先一覧です。

ホホバオイル 精製ホホバオイル/50ml
810円 (税込)
オリーブスクワレン オリーブスクワラン/50ml
1,512 円 (税込)
エマルシファイイングワックス エマルシファイイングワックス
(乳化ワックス)/50g

324 円 (税込)
グリセリン オーガニック・植物性グリセリン/50g
432円 (税込)
二酸化チタン 超微粒子二酸化チタン・油溶性C/10g
486円 (税込)
二酸化チタン 二酸化チタン・油溶性NC/10g
324円 (税込)
酸化亜鉛 酸化亜鉛USP/10g
216円 (税込)
超微粒子酸化亜鉛 超微粒子酸化亜鉛・油溶性C/10g
324円 (税込)
ライトベージュマイカ ライトベージュマイカ/2g
216円(税込)
精製水 精製水 ワンタッチ式(P) 500ml
194円(税込)
ローズウッド 精油・ローズウッド/15ml
1,296 円(税込)

ピンクの手づくりチーク

2013年12月26日 15:31

私の唯一のコスメは、チークです。ファンデーションも口紅もしなくなったので、貴重なアイテム。

お出かけのときはいつも、スッピンにチークだけしてます。

私がチークを作るのは、年に一度だけ。一個を作れば、ほぼ一年間はもちます。

それに、チークを作るときに細かい粉が舞いあがって、肺に入るのが心配です。そう頻繁にやりたい作業でもなく…

ということで、ピンクのチークを作りました♪

pink.jpg


■手作りチークのレシピ

(コンパクト1個分)
  • マイカ・ピンク・パール_小さじ2
  • マイカ・タンジェリンオレンジ_小さじ1/4
  • コーンスターチ(化粧品グレード)小さじ_1
  • ステアリン酸マグネシウム小さじ1
  • 精油_5滴

少しずつ色を加えながら、目分量で色を決めていったので、レシピはだいたいの分量です。

最初、少量の粉を混ぜていきながら、好みの色を作っていきます。

少量からはじめないと、あとで大量の粉ができあがってしまうので要注意です(*゚▽゚)ノ

チークを作るときのポイントだなぁと思うこと、2つご紹介します。


■ポイント1>エッセンシャルオイルで固める


チークを固めるためには、よくホホバオイルなどの酸化しにくいオイルが使われるのですが、今回は、精油のみにしてみました

理由は、2つ。
  1. チークに香りをつけたい
  2. オイルが多すぎると固くて使いにくいチークになる

チークが割れたり崩れたりするのがイヤで前回はオイル多めに固めたら、確かに割れなかったのですが、固すぎて使いづらかったです。

ホホバオイルの他にエッセンシャルオイルも入れると、オイルが多すぎになりそうだったので、エッセンシャルオイルのみで固めてみました。

これがとってもうまくいって、ほどよく固まり、使い心地もよいです♪

チークするたびに、よい香りも楽しめます♡


■ポイント2>乳鉢を使わない


手作りコスメでは色を混ぜたり、素材を細かくしたりするために、よく乳鉢が使われますが、私は小袋の中で混ぜます。

チークの袋

理由は超微粒子が舞いあがって、呼吸で吸いこんでしまうからです。

袋を使うと粒子が舞いあがるのは最小限で済みます。

袋の上から手でもんでいけば、色の調整も、オイルと粉を混ぜ合わせるのも、じゅうぶんにできます。


■手作りチークの材料一覧


今回使った材料の一覧です。ベビーピンクのやさしいお色のチークが作れます♪

ピンク マイカ・ピンク・パール
5g/368円(税込)
タンジェリン マイカ・タンジェリンオレンジ
5g/368円(税込)
化粧用コーンスターチ コーンスターチ(化粧品グレード)
30g/210円(税込)
ステアリン酸マグネシウム ステアリン酸マグネシウム
20g/368円(税込)
フランキンセンス 精油・フランキンセンス
5ml/1,050円
コンパクト コンパクトケース・クリア
1個/163円


手作りチーク

2012年10月16日 15:11

チークを手作りするのは、年に1度ほど。ということで、場数を踏まないのでなかなか上達しません…

最初はうまくプレスできなかったり、色が決まらなかったりしましたが、満足できるある一定のレベルには達してきました。


チーク


なくなったので、チークを作りました。


色味を決めるのに「これくらいかな~」「まだ、足りないなぁ」と足していくので、残念ながらレシピはありません。

比率としては、白系:ピンク:オレンジ=3:2:1

くらいでしょうか…。

ピンクとオレンジに、白だけでなく、ちょっとだけベージュも混ぜると色が落ち着くと思います。


<手作りチークの作り方>
  1. 小さな破れにくいジップのついた袋に白系材料を入れて指で塊をつぶしながら混ぜる
  2. ピンクとオレンジを2:1の比率で少しずつ追加して気に入ったいろにしていく
  3. ホホバオイルを入れて全体をなじませる(この場合10滴ほど)
  4. 精油を入れて全体をなじませる(この場合5滴ほど)
  5. ケースに少しずつ入れて、小さくカットしたワックスペーパーを当てて指でプレスする
  6. 円の周りからだんだんと力を加減してチークを追加して、最後は強くプレスする

<手作りチークの作りの注意点>
  • 白系ベースが多いと、大量のチークができあがります。最初は小さじ2くらいからはじめます
  • 色見は少しずつ入れないと、急に濃くなります。小さじ1/2くらいからはじめます
  • オイルを入れ過ぎるとべったりするので5滴くらいからはじめます
  • プレスは、最初、あまり力を入れません。固まったチークが崩れてしまうことも。チークがしっかりと入ったところで、強くプレスします。


<手作りチークの材料一覧>

ピンクマイカ マイカ・ピンク・パール
5g/368円(税込・送料別)
●保存期間:3年以上
●原産国:アメリカ
ラメ入りのかわいいピンクです。
オレンジマイカ マイカ・タンジェリンオレンジ
5g/368円(税込・送料別)
●保存期間:3年以上
●原産国:アメリカ
ピンクだけではキュートすぎるので…ラメが入っています。
オークル20 ブレンドピグメント・オークル20
10g/750円(税込・送料別)
●保存期間:2年
●原産国:販売社によるブレンド
肌色を自分で作るのは難しいので、これは便利です。
コーンスターチ コーンスターチ(化粧品用)
30g/210円(税込・送料別)
●保存期間:1~2年
●原産国:アメリカ
より安心なベースパウダーです。
ステアリン酸 ステアリン酸マグネシウム
20g/368円(税込・送料別)
●保存期間:2年
●原産国:アメリカ
マットな白い色がつきます。
精製ホホバオイル 精製ホホバオイル
50ml/788円(税込・送料別)
●保存期間:2年以上
●原産国:イスラエル
チークを固まらせるのに使います。
ラベンダー精油 ラベンダー エッセンシャルオイル
(オーガニック)

5ml/1,799円(税込・送料別)
●保存期間:開封後1年以内
●原産国:オーストラリア(スプリングフィールド)
香りづけ。お顔につけるものなので、オーガニックにしています。
コンパクト コンパクトケース・クリア(金皿付)
1個/163円(税込・送料別)
●本体:高さ11mmx直径47mm
●金皿:内径:約33.1mm 深さ:約4.47mm 
●容量:約3.0ml
●径:34mm
ワックスペーパー レイノルズ ワックスペーパーロール
1本/588円(税込・送料別)
●30.5cm×22.8m
プレスには、ワックスペーパーが扱いやすいです。石けんなどのラッピングにも使いますが、パンはくっついてしまうので焼けません。


以前は、白系ベースにタルクなども使いましたが、やはりなんとなくコーンスターチの方が安心です。「チークにコーンスターチ??」と変な気分になりましたが、コーンスターチは一般的に使われる化粧品材料です。

ステアリン酸マグネシウムの是非はわかりませんが、扱いやすいので使っています。

色を加えていくうちに、ちょっと濃すぎる仕上がりに( ̄▽ ̄;)!!ガーン

あとは、お肌にのせるときに加減します。ま、不便でないレベルで、適当ですね。

香りを強めにしたので、チークをするたびに、ラベンダーのよい香り♪基礎化粧だけでなくコスメにも香りづけするの、気に入りました!

普段はノーメークなので、これで約1年、もちます~。


BBクリームを作りました

2012年05月31日 17:58

紫外線の強い季節になってきました。BBクリームを作りました。

bb6.jpg

【手作りBBクリームのレシピ】
できあがり約50ml
  • 精製水_40ml
  • ホホバオイル_5g
  • オリーブスクワレン_5g
  • エマルシファイイングワックス_2g
  • グリセリン_2g
  • サンスクリーンミックス_5.6g
  • ライトベージュマイカ_2g
  • ローズウッド(エッセンシャルオイル)_5滴
  • クエン酸銀_2滴

【BBクリームの作り方】
  1. サンスクリーンミックスをよくつぶして塊をなくしておく
  2. オイル類とサンスクリーンミックスをよく混ぜ70度くらいにする
  3. 精製水を70度くらいにする
  4. オイル類に精製水を加えよくかき混ぜる
  5. グリセリンを加えよく混ぜる
  6. エッセンシャルオイルを入れる
  7. 乳化したらライトベージュマイカを少しずつ加え、肌色とあわせる
  8. クエン酸銀を加えよく混ぜる

bb2.jpg bb1.jpg
サンスクリーン剤を入れたオイルと精製水を温めて、混ぜて乳化させているところ。 乳化後、グリセリンとエッセンシャルオイルを入れて、ライトベージュマイカを入れたところ。


-------------------------------------------
*サンスクリーンミックスの内訳
二酸化チタン_12g
超微粒子二酸化チタン_6g
酸化亜鉛_15g
超微粒子酸化亜鉛_12g

全部混ぜる。
できあがり100gに対して、
サンスクリーンミックス11.2gを加えることで
SPF15くらいの日焼け止めが作れます。
-------------------------------------------

bb5.jpg
すこし手にとって

bb4.jpg
軽くのばして

bb3.jpg
全体にのばすと、地肌もうっすら透けて見える明るめの肌色になります。

昨年の夏も同じレシピのBBクリームで過ごしましたが、きちんとつければ日焼け止めとしてしっかり働いてくれました

SPF15くらいなので、スポーツや炎天下まではフォローできませんが、日常生活くらいならじゅうぶんです。

つけた感じも、あまり重すぎないです。

ico_pen1-2.gifBBクリームの主な材料
ホホバオイル 精製ホホバオイル/50ml/735円 (税込)
オリーブスクワレン オリーブスクワラン/20ml/609円 (税込)
エマルシファイイングワックス エマルシファイイングワックス
(乳化ワックス)/50g
/315円 (税込)
グリセリン 植物性グリセリン/100g/473円 (税込)
二酸化チタン 二酸化チタン(白)脂溶性/10g
/263円 (税込)
超微粒子二酸化チタン 超微粒子二酸化チタン(白)脂溶性/10g
/473円 (税込)
酸化亜鉛 酸化亜鉛USP/10g/210円 (税込)
超微粒子酸化亜鉛 超微粒子酸化亜鉛/10g/210円(税込)
ライトベージュマイカ ライトベージュマイカ/2g/210円(税込)
精製水 精製水 ワンタッチ式(P) 500ml/97円(税込)
ローズウッド 精油・ローズウッド/15ml/1,260 円(税込)
img10075170408.jpg プラスティッククリアジャー[25ml]/1個/158円(税込)

ちなみに、容器は20mlほどの小さなものを複数、用意します。50mlを使い切るには時間がかかり、指を入れて使うものなので、いくつかに小分けにした方が衛生的です。


手作りBBクリーム

2010年11月29日 22:47

日焼け止め効果のある
ファンデーションを作りました。
というか、BBクリームといったほうが近いかも。


sun_screan.jpg


【手作りBBクリームのレシピ】
できあがり約50ml

精製水_40ml
ホホバオイル_5g
オリーブスクワレン_5g
エマルシファイイングワックス_2g
グリセリン_2g
サンスクリーンミックス_5.6g
ライトベージュマイカ_2g
クエン酸銀_2滴



【作り方】

1) オイル類とサンスクリーンミックスをよく混ぜ70度くらいにする
2) 精製水を70度くらいにする
3) オイル類に精製水を加えよくかき混ぜる
4) グリセリンを加えよく混ぜる
5) 乳化したらライトベージュマイカを少しずつ加え、
   肌色とあわせる
6) クエン酸銀を加えよく混ぜる

*エッセンシャルオイルで香りをつける場合は、
グリセリンを入れた後、人肌に冷めてから加えます。


-------------------------------------------
*サンスクリーンミックスの内訳
二酸化チタン_12g
超微粒子二酸化チタン_6g
酸化亜鉛_15g
超微粒子酸化亜鉛_12g

全部混ぜる。
できあがり100gに対して、
サンスクリーンミックス11.2gを加えることで
SPF15くらいの日焼け止めが作れます。
-------------------------------------------


sun_screan_1.jpg 1プッシュ出すと、こんな感じ。


sun_screan_2.jpg さっとのばすと、こんな感じ。


sun_screan_3.jpg ようくなじませると、きれいな肌色に。


ポイントは、
二酸化チタンと酸化亜鉛を
超微粒子そうでないものをミックスしたこと。


超微粒子だけだと、
サンブロック効果が弱いので心配…


でも、普通の二酸化チタンと酸化亜鉛では、
白浮きする。
というか、真っ白になります!


なので、その白さを中和するために
ライトベージュマイカを入れ、
日焼け止めというかBBクリームにしました。


すこし素肌が透けて見えるくらいの濃さです。


敏感肌ですが、今のところ、チタンなどによる肌荒れもないです。
また、日焼け止めのように重たくなく、
つけ心地もよいです。


ちなみに真夏ですが、きちんとつけていれば、
日焼け止めとしても十分効果を発揮してくれました。


ico_pen1-2.gifBBクリームの主な材料

ホホバオイル 精製ホホバオイル/50ml/735円 (税込)
オリーブスクワレン オリーブスクワラン/20ml/609円 (税込)
エマルシファイイングワックス エマルシファイイングワックス
(乳化ワックス)/50g
/315円 (税込)
グリセリン 植物性グリセリン/100g/473円 (税込)
二酸化チタン 二酸化チタン(白)脂溶性/10g
/263円 (税込)
超微粒子二酸化チタン 超微粒子二酸化チタン(白)脂溶性/10g
/473円 (税込)
酸化亜鉛 酸化亜鉛USP/10g/210円 (税込)
超微粒子酸化亜鉛 超微粒子酸化亜鉛/10g/210円(税込)
ライトベージュマイカ ライトベージュマイカ/2g/210円(税込)
精製水 精製水/500ml[精製水]/87円(税込)


手作りの口紅

2009年04月13日 09:21

口紅を作ってみました。


color.jpg


赤い口紅をつけてみると、血色のよい赤い唇に。
すごく自然な感じです。
いわゆる赤い口紅というよりは、透明感のある質感に仕上がります。


【赤い口紅のレシピ】

シアバター_小さじ1/2
ひまし油_小さじ1/2
ビーズワックス_1.5g
ビタミンEオイル_小さじ1/4
マットレッドマイカ_マドラースプーン3

■コスト 1個/80円

1) オイル類をすべて紙コップに入れて電子レンジで70度に
2) マイカを入れてよく混ぜる
3) 固まる前に容器に流し込む

*今回は、上記レシピの倍量のオイルを熱して、等分し、
赤とオレンジ2色の口紅を作りました。


オレンジは、思った色になってませんでした。
ちょっと黄色い…。
赤とミックスしてちょうどいい感じです。


つけ心地ですが、このレシピではちょっと硬いです。
スティックにする場合には折れなくてちょうどいいかも。
この容器に入れるなら、ビーズワックスを少なめでOKそうです。


右は、オレンジのチークです。
が、気をつけてつけないと濃い茶色に!!
そろり、そろりとつけてます。
が、これは失敗。


チークなんかは、パウダーのままが使いやすいかも。
ファンデーションもそうでしたが、固めると使いにくいです。


カラーコスメは色味と使い勝手をよくするのが難しいけど、
ノーメイク風のメイクが、かんたんにできるのが◎。
そして、失敗のコストもかかっているけど、コスパも◎。





手作りファンデーション

2009年02月09日 23:28

ファンデーションを作ってみました。


foundation_2.jpg


ミネラルファンデーション、というやつです。


ルースパウダー(パウダーファンデーション)を作って、
それをクリームに混ぜて、リキッドファンデーションに。
または、ホホバオイルで固めてプレストファンデーションに。


で、プレストファンデーションは、まったく使えません。
うまく、パフにも刷毛にものってくれない。


リキッドファンデーションは、かなりよいです。
うすづきで、とても自然な仕上がりに。


ただ、日焼け止め用の素材の、酸化チタンと酸化亜鉛が
ちょっと重たい感じがします。
どちらも超微粒子にしたので、白浮きはないです。


パウダーファンデーションは、よりカバーしたいときに
仕上げとして使うのに便利。
チークの色を抑えるのにも使えます。


【ルースファンデーションのレシピ】

コーンスターチ 105円
ステアリン酸マグネシウム 350円
ライトベージュマイカ 210円
酸化鉄 イエロー 190円
超微粒子酸化チタン(親油性) 280円
超微粒子酸化亜鉛 300円

■コスト 1435円

全部は使いませんでしたが、色を調節しているうちに、
どれをどれくらい使ったかは不明に…。
量は、2年分くらいは、ありそうです。

ライトベージュマイカが、色を調節するのに便利でした。
これを基本に、コーンスターチやステアリン酸マグネシウムで
白くして色を調節する、というふうにやったら、うまくいきました。


【リキッドファンデーションのレシピ】

以前に作ったクリームに、ルースファンデーションを混ぜました。






最新記事