2011/05/24

放射能飛散情報

天気予報で、放射能飛散情報を出してほしいなと
思っていたら、ドイツでやっていました。


3つあって、


"明日あたりの予報(日本時間の夜9時ころ)


明後日あたりの予報(日本時間の夜9時ころ)


昨日~明後日6時間毎


 → 強く薄められた状態

 → かなり薄められた状態

 → わずかに薄められた状態


但し書きを意訳すると、


原子力発電所から、どれくらいの放射能が
出ているか情報がないので、
この図は、正確な状態を表してはいません。
これは、実際の気象情報をもとに、
放射能がどのように薄められて分布するかを
示しているものです。


こんな感じでしょうか…


それとこの図の見方ですが、
時間帯は世界基準時(UTC)になっているので、
9時間を足して、日本基準時(JST)に変換する必要があります。


参考までに、6時間毎の時間帯は、

UTC(世界標準時) JST(日本標準時)
0:00 9:00 同じ日の朝 
6:00 15:00 同じ日の昼過ぎ 
12:00 21:00 同じ日の夜 
18:00 3:00 翌早朝 



ニュースでも、どこのお茶からセシウムが出たとか、
検査はしない、とか、いろんな情報が出てきますが、
ガイガーカウンターが手元にない今、
私はこの分布図を参考に、野菜を買ったり、
洗濯ものを外に干すか、室内に干すかを決めたりしています。


情報は不確かとはいっても、
日本の天気予報の風向きを見ながら
自分で予測するよりは、しっくりくるので。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。