<-- OGP -->; 玄関のリース - オリーブのこころみ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玄関のリース

2010年12月15日 01:39

4年以上前のことですが、
ガブリエレ・ワーグナーさんの取材で、
アトリエ兼ご自宅に伺ったときのこと。


その当時、彼女が凝っているという素材がありました。


それは、鉛のボード

これを土台にして、リースを作っていました。


取材の内容とは別の作品だったのですが、
いつか私もつくってみたいなぁと思って、
その場で、鉛のボードを購入。


ほかにも、
「蜜蝋キャンドルは、炎のやさしさがちがうの」
という言葉につられて、
キャンドルや、キャンドルスタンドを衝動買い。
その日のギャラを使い果たしてしまいました。


そして、やっとこの鉛のボードが日の目を見ることに♪


gen_r.jpg


デザインも確か、こんな感じ。
ガブリエレさんは、猫じゃらしでつくってたかな…


今年のトレンドは、「モダン」なのだそう。
先月の京都取材で、松村和美先生に教えていただいたので、
ちょっと意識しました。


ダニエル・オスト in 京都仁和寺(NHK)を見たときに、
グルーで実ものを一面に接着した作品がありました。


ひと通り終わったところで、オスト氏が
「その上にもう一面、実を重ねてください」と
指示を出していました。


スタッフは愕然としながら、
黙々とまた同じ作業をしていましたが、
このもうひと手間が、
あのオストの緊張感ある作品を支えているのだなぁ

感心したのを覚えています。


ということで、私も実を二重に接着!!
と思っていたのですが、モチベーション切れ…


ニモが「シュレック」を見てるとなりで、
グルーと格闘していたのですが、
映画が終わるころ、私のテンションも切れました。


gen_r_2.jpg


しかも、「これ、どう?」と主人に聞くと
「あれにしか見えない…」という返事。


どう見ても、ドーナツ!
このサイズで、この形、そしてこの色…
なんで最初に気づかなかったんだろう!!


仕方がないので、ゴールドのワイヤをぐるぐる…


私は、どんなリースにでも最後に
何か細いものをぐるぐるとします。



ドイツフラワーデザインの理論を取材したときに、
これはステキな手法だなと思ってから、
ぐるぐるせずにはいられなくなりました。


強度も増すし。


これ、重要です。


玄関のドアに飾ったら、
なんとなくドーナツ払拭♪


ちなみに、この茶色い実は、
マンションの駐輪場のフェンスにつたっていた
植物の実(品種不詳)です。



ランキングに参加しています。
応援してくださると嬉しいです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://olivemode.blog77.fc2.com/tb.php/151-e4002049
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。