<-- OGP -->; 市と市議会議員の方々に除染のお願いをしました - オリーブのこころみ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市と市議会議員の方々に除染のお願いをしました

2011年08月05日 10:43

東大アイソトープ総合センター長の児玉龍彦教授の
国会答弁
を見て、私にもできることはないかと思い、
市と市議会議員の方々に、「除染のお願い」メールをしました。


以前、自民党の市議会議員さんと直接お話したときに、
保育園の理事長さんが隣にいらっしゃいました。

私が議員さんと話しているのを聞いていて、
真剣なまなざしで最後に、
「こういうことは、たくさん言っていったほうがいいですよ」
おっしゃったのが印象的で、
「あ、発言していかないといけないんだな」と思いました。


と同時に、園などの法人は
独自に除染できない
んだな、とわかりました。


では署名を集めようか!!とも思ったのですが、
「『言ってくれれば、やったのに』と言われたらどうする?」
と主人が言ったので、そりゃそうだ。
まずは問い合わせてみるのが先だな、


ということで、除染のお願いをすることに。


内容は、

保育園、幼稚園、学校、公園の除染を行ってください
●全体の除染が難しい場合、砂場と雨水などで濃縮しやすく、
子どもが触りやすい場所を優先的に除染
してください

というものです。


こんなことは、はじめてなんですが、


まず、自動返信メールでレスポンスがあったのは、

市区役所
共産党

の2件で好印象♪

自民党、公明党の方は、メールを送り、レスポンス待ち。


驚いたのは、民主党の方と無所属の方のWebサイトには、
メールアドレスがなかった
ことです。

のんきなツイッターはあったのですが、
そちらに直接メールする気にもなれず。


電話をすればいいのですが、それはハードルが高くて…
記録も残らないし、参考資料も送られないし…

これだけで、聞く気がないのかなという印象を持ってしまいます。


イギリスの選挙活動は、
有権者の自宅をノックして訪問するそうですが、
それはいいなぁと思いました。
こういうとき、顔見知りの議員さんがいたら、話しやすいのに。


議員といえば、選挙のときに選挙カーか自転車で
市内を回って当選のお願いをする人という印象ですが、
こうしていざ、お願いすることがあると、
もっとコミュニケーションがとりやすいといいな、と思いました。


レスポンスがあったら、またアップしたいと思います。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://olivemode.blog77.fc2.com/tb.php/184-fe4bd4e5
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。