<-- OGP -->; バスタオルのイヤな匂い対策 - オリーブのこころみ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バスタオルのイヤな匂い対策

2011年12月23日 07:16

経年劣化で、バスタオルって匂うようになります。

香りの強い柔軟剤でごまかすというのもありますが、
うちは、柔軟剤は使わないし、
色ものはハイターに漬ける訳にもいきません。

逆性せっけんも、試したことあります。
細菌やカビに効くそうです。
それなりに効果はありましたが、一時的でした。

酸素系漂白剤を入れて、熱湯で煮るという方法もあります。
気持ちがいいものですが、これも一時的。

結論として、バスタオルは「干してから洗う」です。

バスタオル

お風呂の後、使ったバスタオルはすぐに干します
そして、翌日お洗濯をします。

これは、継続的に効果を発揮してくれます。

私がひどい花粉症で、最近は瓦礫も燃やすということで、
空間線量も気になるので、
うちには室内に、物干し用に3本のロープを張っています。

景観はかなり悪くなるのですが、背に腹は代えられません。

そのうち1本が、使ったバスタオル用です。
(分けておかないと新しいのか、使ったものかわからなくなります…)

それでも、皮脂などがついて雑菌が繁殖した場合は、
EM菌に浸しておきます
これはスッキリと匂いがなくなります

干してから洗えば、ときどきEM菌でメンテするだけでOKです。

環境浄化微生物資材 EMW
EM菌って色々ありますが、
私が使っているのは、コレ。
透明なので、洗濯に向いています。
1本購入すれば、あとは、
お米のとぎ汁で培養
できます。
もう、2年くら培養中♪

EM菌を使えば、干してから洗う必要はないのですが、
そうするとEM菌にいつも浸す羽目に…

キッチンの台拭きや手拭きなんかは、
小さいので毎晩、浸しておきますが、
バスタオルは手間がかかりすぎます…

何事も、最初が肝心かも。

状況が悪くなってから治すのは大変ですが、
未然に防げば手間は簡略化できます♪

ico_pen1-2.gifブログ内関連記事
EM菌の「米糠の匂い」を軽減するには?
EM菌の培養の仕方など、詳しく解説しています。

ico_pen1-2.gif関連記事
「バスタオルを洗う頻度」ランキング
働く女子を対象にしたランキングです。
1回使ったら→45.5%だそうです。

ちなみにバスタオルを洗う頻度で、日本は世界ランク2位
1位は韓国ですが、バスタオルではなくフェイスタオルを使うそう。
ということは、実質1位は日本かな。

デンマークだったと思うけど、北欧では2週間に一度!?
使ったら、ヒーターにひっかけておくからすぐ乾くんですって。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://olivemode.blog77.fc2.com/tb.php/223-990b3a5b
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。