--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/12/02

シアバタークリームの乳化剤の比率

乾燥する秋冬の季節には、シアバターの乳液は欠かせないアイテムですが、ここですこし問題が…。

乳化剤をできるだけ入れたくないので、私は2%の割合で乳液を作っています。

100mlの乳液なら2gの乳化剤です。

2%というと、かなりサラリとした使い心地で、今までまったく問題なかったのですが、最近ちょっと不具合が出てきました。

乳化剤2%

この画像のように、手にのせるとシアバターが固形で出てきてしまうのです。

ボトルの中で分離することはないのですが、なぜか手にとるとべた~っとシアバターがくっつきます。シアバターは体温で溶けるので、ゆっくりのばしていけばいいのですが、使い心地はよくないです。

これは、乳化剤が足りないのだと思いました

さっそく、2.5%の割合のシアバター入りクリームを作ってみました。

乳化剤2.5%

こんな感じにしっかりと乳化して、シアバターがくっつくことはありません

今まではシアバターを入れたクリームでも、2%の乳化剤で問題なかったのですが、精製水などの分量を少しでも多くすると全体を乳化できないようです。

<手作りシアバター10%乳液~乳化剤2.5%のレシピ>


素材 使用量 効果
マカダミアナッツオイル 2g 細胞の再生
オリーブスクワラン 1g 皮ふの成分に似たオイル
ホホバオイル 2g 皮ふに必要なロウ成分
シアバター 10g 保湿、皮膚炎、かゆみ止め
エマルシファイイング
ワックス
2.5g 乳化剤
精製水 85g 水分
植物性グリセリン 1g 水系保湿剤
エッセンシャルオイル
ラベンダー40/42
マジョラム・スイート
各2滴 リラックス
ブラックウィロー 20滴 天然の防腐剤


<手作りシアバター10%乳液~乳化剤2.5%の作り方>

  1. 表の色のついた材料(オイル系)を湯煎で60度くらいに温める
  2. 精製水を60度くらいに温める
  3. オイル系材料に精製水を入れよく混ぜる
  4. 乳化したらその他の材料を入れ、よく混ぜる


これで、うまくいきました。

たぶんですが、シアバターを入れたのでうまく乳化しなかったのだと思います。これが、すべてオイルだったら、こんなことにはならないはずです。

やはり、バターを乳化させるには乳化剤のパワーがいるのだと思いました


ちなみにオイルと水の温め方ですが、今までは電子レンジを使っていたのですが、湯煎にすることにしました

やっぱり、電子レンジの電磁波、気になります…

日比谷公園の野菜フェスタで、日本の蜂の蜜蝋を見つけて購入したのですが、そこのお店の方が、クリームを作るときは電子レンジではなく湯煎でとおっしゃっていました。

あ、やっぱり気にしてる方、いらっしゃるんだなぁと再認識しました。


ガスでお湯を沸かして…と、手間だし、ガス代もかかるしと避けていたのですが、やはりなんとなくですが、湯煎にするとやはり気分がよいです。


ico_pen1-2.gifブログ内関連記事
シアバターは精製、未精製のどちらを選んだらよいのか?
シアバター10%乳液を作りました


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。