FC2ブログ
2018/02/01

アクリルモールドから石鹸を「うまく型出しできない場合」の対策と考えられる理由

アクリルモールドから、石鹸が抜けない場合の対策と、抜けなくなってしまう理由(の予想)をご紹介します。

アクリルモールドから型出しできない石鹸は、全体重をかけてもビクともしません。

力を入れすぎて、頭に血が上ってしまうほど、、、大きなストレスです。

結論から言うと、私は冷凍庫に入れたあと、常温に出した結露を利用します。

アクリルモールドと石鹸の間に、水分が入り込み、それが潤滑剤となって抜けます。

こちらが、アクリルモールドから石鹸が抜けない状態です。

アクリルモールドから抜けない

奥が冷蔵庫に入れた石鹸、手前が冷凍庫に入れた石鹸です。

どちらも4時間ほど経過しています。

冷凍庫に入れた方は、しっかりと結露が出たので抜けました。

アクリルモールドから抜けない2

冷蔵庫の方は、抜けませんでした。冷蔵庫から出したアクリルモールドにはあまり結露が出ていませんでした。


アクリルモールドから石鹸が抜けない理由の可能性


今までの経験からすると、水分量の少ない石鹸は型から出すのが難しいです。

水分量が39%の石鹸より、35%の石鹸の方が抜けにくいです。

ディスカウントが小さい石鹸は、型から抜けにくいです。

ディスカウントが10%の石鹸より、5%の石鹸の方が抜けにくいです。

石鹸は型入れしてけん化が進むと、少しずつ水分が蒸発しますが、型出しは型入れの翌日なので、この一日で蒸発する水分が影響しているかは謎です。

ただ、今まで作った石鹸で、水分の比率が低く、ディスカウントが小さい(より成分が石鹸になっている)場合に抜けにくいので、水分量が少ない石鹸は、引き締まる比率が小さくて型から抜けにくいのかな、と思いました。

私のレシピで型から抜けない石鹸は、水分量が35%、ディスカウント5%のカカオバターで作ったキッチンソープだけです。

水分量が35%、ディスカウント5%のシアバター入りの石鹸は抜けます。


型出しせずに放置しておくと抜けるのか?


石鹸は、熟成されると水分が蒸発するので、放置しておくと型よりも石鹸が小さくなって抜けやすくなります

試しに2週間ほど型出しせずに放置しておきましたが、今回の場合はうまくいきませんでした。

長く放置することで、ある日、するっと抜けたという記事も読んだことがあるので、できる場合もあるのだと思います。

私は、型をすぐに使いたいので冷凍庫に入れて結露させます。


冷凍した石鹸の使い心地


まだ完全にけん化していない石鹸を冷凍庫に入れても大丈夫なのか?という疑問が残りますが、今のところその弊害は感じていません。

こちらが、冷凍庫に入れて型出しをして、熟成したカカオバターのキッチンソープです。

キッチンソープ

見た目も泡立ちも、他の石鹸と比べて遜色ありません。

ちなみにこのキッチンソープは、水分量を39%にして作っていた時は、普通に型出しできていました。

やはり、石鹸のレシピで水が少ないと型出しがしにくくなるのだと思います。

もう一つの可能性は、カカオバターという硬いバターを使ったレシピだと抜けにくいのかもしれません。

硬さを出すためにパームオイルやシアバターを使った石鹸は、抜けなかったことはありません。


アクリルモールドから型出しするコツまとめ


  • アクリルモールドから型出しできない場合は冷凍庫に入れ、常温に出し、結露させると抜けやすくなる
  • 石鹸のレシピの水分量が少ない方が型出しは難しい
  • ディスカウントが小さい方が抜けにくいように感じる
  • カカオバターなどを使った硬い石鹸はより抜けにくいように思える
  • 一度、冷凍庫に入れた石鹸の質は変わらない


手作り石鹸用アクリルモールド トールタイプセット[押出板付き] 【ソープモールド/手作り石けん/アクリル/型】
キッチンソープはこの型を使って作っています。
アクリルモールド専用押出し補助パーツ【ソープモールド・手作り石鹸型】
私は持っていませんが、押し出し補助パーツがあると、力を入れやすいかもしれません。




コメント

非公開コメント