--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/04/25

年齢肌用の乳液(ビタミンA入り)

年齢肌用美容オイルの応用編です。


nyu_va.jpg


化粧水美容オイル
これが私の基本スキンケアですが、
乳化剤を使ったた「乳液」も用途があります。


乳液は、かんたんにいうと「化粧水」+「美容オイル」。


美容オイルのスキンケアに不慣れな場合、
追加でちょっと保湿したいとき、
お風呂上りの全身用やハンドクリームとして、
乳液は便利だと思います。


【年齢肌用 ビタミンAオイル入り 乳液のレシピ】
200ml

ビタミンAオイル_1ml (シワ、たるみ)
オリーブスクワレン_5ml (保湿)
マカデミアナッツオイル_7ml (細胞の再生、年齢肌に必須)
スイートアーモンドオイル_5ml (保湿)
ホホバオイル_5ml (ロウ)
月見草オイル_3ml (敏感肌、アトピー)
ククイナッツオイル_3ml (敏感肌、アトピー、日焼け補修)
アボカドバター_5ml (ビタミン補給)
オリーブワックス_6g (やさしい乳化剤)
美白用生薬4種_各20滴
精製水_160ml
トレハロース_6g (水系保湿剤)
GSE_2ml (水系酸化防止剤)
ビタミンE_1ml (オイル系酸化防止剤)
イランイランE.O._6滴
ラベンダーE.O._6滴

■コスト ¥1067

1) (水系素材を温める)
   精製水、トレハロースを混ぜ、電子レンジで60~70度にする
2) (オイル系素材を温める)
   オリーブスクワレン、マカデミアナッツ、スイートアーモンド、
   ホホバオイル、アボカドバター、オリーブワックスを
   電子レンジで60~70度にする
3) オイル系に水系素材をゆっくり加え、よく混ぜる
4) 乳化して人肌に冷めてきたら、ククイナッツ、月見草、ビタミンA、
   ビタミンE、GSE、エッセンシャルオイルの順番に入れよく混ぜる
5) 器に移して、シャカシャカ振る
   →最初はゆるいですが、振っているうちにクリーム状になります。

ククイナッツ、月見草は熱に弱いので、人肌に冷めてから加えます。

シェイクして乳化を助けるので、乳液を入れる器は、
容量に余裕があったほうがいいです。


この乳液は、オイル系20%、水80%なので、
つけ心地も軽く、オイルの効果も得やすいです。


オイル系10%、水90%も作ってますが、
これはもっとサラリとしていて、
これから暑くなる季節にはいいですね。
オイルが10%減るので、コストは810円くらいです。


オリーブワックスは、やや少なめの3%。
これでもしっかり乳化します。
乳液がやわらかめなのは、ワックスが少ないからか、
水が多いからかはわからないんですが、
使い心地はよくなっていると思います。


この乳液の効果ですが、成分が年齢肌用美容オイルと同じなので、
まったく同じ結果が期待できると思います。


ちなみに、香りですが、
イランイランのフローラルな香りが
ラベンダーの爽やかな香りに中和され、いい感じ。
大人の年齢肌用乳液を演出するにはぴったり。
「エイジングケアしてるぞ」、という雰囲気をもりあげてくれます。




コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。