<-- OGP -->; プリザーブドフラワーのリース - オリーブのこころみ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリザーブドフラワーのリース

2009年05月16日 05:26

友だちの出産祝いに、プリザーブドフラワーの
アレンジメントを贈ったのは、2年前。


そのプリザーブドフラワーがあまっていたので、
経年劣化で使えなくなる前に、と思って、
リースを作りました。


wreath.jpg


作り方

1) 
葉のついた、ドライになりかけのユーカリを
ワイヤでぐるぐるしながら円を作って土台にします。
(ワイヤを何度も巻くと、しっかりしてきます)

が、もちろんこの方法でなくとも、とにかく輪を作ります。
今回はたまたま、ユーカリがあったんで利用しました。

2)
ドライの秋色アジサイを適当に点在させて、
ワイヤで固定します。

3)
青いバラ、白いスプレーバラをグルーピングしながら、
固定していきます。

4)
リボンを、青いバラの近くに固定します。

5)
茶色の小さな松の実を、青いバラの近くに固定します。
(バラを中心に、リボンと松の実でグルーピングをします)

6)
ボリュームの足りないところに、秋色アジサイを追加します。

7)
ゴールドのワイヤを適当にからめながら、
リースを覆うようにふんわりと巻いていきます。


これで、だいたい2時間くらの作業になると思います。


最初の輪が多少、弱くても、
素材を固定しながら、ワイヤでぐるぐるしていくと
だんだんと強くなっていくので、
意識的にワイヤを巻きつけるとよいです。


ちなみに、色は

秋色アジサイとバラの
秋色アジサイの枯れたところの茶色と松の実、リボンの茶色
スプレーバラとリボンのアイボリー
このあたりで関連づけながらまとめています。

ワイヤのゴールドは、落ち着いた色合わせに
華やかさを加えてくれます。


リースは、単純な丸い形なんで、
くねくねとした、複雑な細い線を加えると
動きが出て、おもしろくなると思います。


ワイヤでなければ、ラフィアや、細い枝もの、
線の出るグリーンなんかでもいいかもしれないですね。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://olivemode.blog77.fc2.com/tb.php/67-5d7c4212
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。