2013/10/09

オリーブの手づくり石けん~石けん仕込み中~

秋ですね!手作り石けんの季節です。

在庫がほとんどなくなってしまったので、 「オリーブの手づくり石けん」でも大急ぎで石けんづくりに励んでおります。10月になってから、ほぼ毎日ペース。

今年は、去年の倍量で作っています。

どんな風に石けんを作っているの?とご質問をいただいたので、途中までですがご紹介します。

記事の最後の方では、あると便利な手作り石けんの道具も一覧で掲載しています。


■石けんを型に入れたところ


これは、オイルと苛性ソーダを混ぜ、香りや色もつけた石けんの種をアクリルの型に入れたところです。


soap_shikomi_1.jpg


表面にソーダ灰ができないように、ラップをしています。

ソーダ灰は、湿度の低い空気に触れるとできやすいと言われています。だから、乾燥しないようにラップをするんです。

でも、これで完璧にソーダ灰が防げるわけでもありません。

後でカンナで削るので、なくてもいいかも。



■石けんを型から出したところ


これが、 型から石けんを押しだしているところです。

soap_shikomi4.jpg

型から出したら、丸一日ほどブロックのまま放置し、熟成させます。型出しからカットまでの日数は、石けんの種類によってちがいます


■石けんをカットしているところ


型出しをしたら、次の日以降にカットします。

soap_shikomi3.jpg


去年から、「石けんカット用の台」と「ワイヤーの石けん用カッター」を導入しました。

今までは包丁でカットしていたのですが、やはり専用の道具があるとちがいます。

2.7cmくらの暑さにカット。


■石けんを乾燥熟成させているところ


これは、カットした石けんを乾燥、熟成させているところです。


soap_shikomi2.jpg

数日間は100円ショップで買った右のケースで乾燥し、表面がほぼ乾いたら、アマゾンの箱に移動します。これは、スペースの関係です。

アマゾンの箱は、石けんを乾燥させるのにぴったりなサイズで重宝しています。フタがあって、ホコリが入らないのもいいですね。

この後は、ほぼ乾燥したら、カンナで面取りをして、石けんの名前のスタンプを押します


■なくてもできるけど、あると便利な石けん作りの道具


今回ご紹介するものは、なくてもできるのですが、あるときれいな石けんが作れて嬉しくなる石けん作りの道具です。

soap_form.jpg 手作り石鹸用アクリルモールド(カフェタイプセット)[押出板付き]
2,180円 (税込) 送料別
これは、押し出し用の板がついているタイプです。同じ型の2つめを買う場合は、押出板無しタイプを買いましょう。
soap_cube.jpg 押出し用キューブ【手作り石けん用アクリルモールド専用】
150円 (税込) 送料別
発泡スチロール製のキューブです。型出しするのに便利です。ないと困るかも…
soap_dai.jpg 木製ソープカッター台
1,900円 (税込) 送料別
この台があると斜めになることはありません。メモリつきなので、一定のサイズの石けんを作ることができます。
soap_cut.jpg 手作り石けん用ワイヤーソープカッター
680円 (税込) 送料別
シャープにカットできます。このお値段なら早く買えばよかった…
カンナ(角利)芯樫
1,380円(税込・送料無料)
●刃のサイズ:38mm  
●台の長さ:150mm
刃のサイズが38mmなので、石けんの広い面積を削るのは難しいです。とはいっても石けん幅(70mmほど)のカンナはすごくお高いので、これが無難です。
soap_wax.jpg ワックスペーパー(ロール)
588円(税込・送料別)
石けんを熟成させるときに、下に敷きます。コピー用紙だと、乾燥しきっていない石けんにぺったりとくっついてしまいますが、ワックスペーパーはOKです。小さくカットして、ラッピングにも使います。


予約注文をいただいた石けんもあるので、次々と作っていきますよ!

今年は、ローズ石けん(本物のローズ精油を使っている超高級石けんです♡)と、カレンデュラ石けんが仲間入りします♪

そして、果物などを洗えるキッチンソープもご用意します。



2013/09/12

久々の石けん新作は「緑茶・クロレラ石けん」

入院中にお世話になった方へのプレゼントといって、たくさんの石けんをご注文いただいたので、手作り石けんの在庫うすくなってしまいました。ありがたいことです!

こんな感じのラッピング(無料)で、50個ほどお届いたしました。

石けんのラッピング


夏は石けん作りには向かないのですが、何も在庫がないのはよくないと思って8月に新作を仕込んでおきました。

「 緑茶・クロレラ石けん」です。

green_ch_l.jpg

■グリーンの色はクロレラで


今まで「緑茶石けん」として出していたものに、クロレラを使ってデザインしました。

クロレラは、美白や保湿の効果があると言われていますが、お顔を洗ったくらいではそんな効果はないだろうなぁと思っています。

私の感覚だと、クロレラは色づけ用。自然の成分なので、合成色素よりよいかなと思って使っています。

今まで石けんでグリーンを出すにはフレンチグリーンクレイを使っていたのですが、最近このクレイのグリーンの発色がよくないので、代替を探していたのです。

クロレラは、まずまずの発色です。

■緑茶石けんの泡立ちはサポニン?


ただ不思議なことに、緑茶石けんは他の石けんよりも泡立ちがよいです。泡のキメが細かくなるんです。なぜでしょうね…

もしかしたら、緑茶にはサポニンが入っているからかも知れません。サポニンは界面活性剤のように泡立つ性質があるんです。

よく「どの石けんがオススメですか?」と聞かれるのですが、やっぱり私は緑茶成分をオイルに抽出した石けんをオススメしてしまいます。

green_ch150.jpg
緑茶・クロレラ石けん
620円
■材料:緑茶インフューズドオイル(緑茶・ブラジル)、こめ油、ココナッツオイル、パームオイル、キャスターオイル 
■精油:ティートゥリー、ローズマリー、ユーカリレモン、ハッカ
■標準重量:80g前後(手作り・天然乾燥のため、多少重量が異なります)


この石けんを手に取ると「あ、緑茶の香りだ♪」と言ってくださる方もいらっしゃるのですが、さすがに緑茶の香りまでオイルには残りません。

もしかしたらレピシエにこんな香りの緑茶があるかも知れませんが、いわゆる緑茶とはちがう香りです。

でも緑茶イメージのスッキリとした香りが、喜ばれています。

今回は真夏に石けんを仕込んだので、乾燥期間を長くとりました。やっと使いやすいくらいに仕上がったのでご紹介です。

石けん作りは、これからが季節ですね!





2013/06/12

手づくり石けん~新商品を開発いたしました♪

リピーターの方が増えてきたので新しい石けんを、と思い、新商品を開発いたしました。

newface1306.jpg

左が「ローズケーキ石けん」、右が「緑茶よもぎのシアバター石けん」です。

■ラブリーな「ローズケーキ」石けん


ローズケーキ石けん ローズケーキ
720円
ローズヒップのハーブエキスを配合。ラベンダー、ローズマリー、ローズウッド、ゼラニウムでローズをイメージしたリッチな香りです。ローズペタルをあしらいました。

ローズケーキ石けんは、精製水の代わりにローズヒップのハーブエキスを使いました。一番下の層の薄ピンクの部分です。

その次の濃い部分がフレンチピンククレイ

ローズクレイは、意外と茶色っぽくなるので、ピンク色にしたいときは、このフレンチピンククレイを使っています。

いちばん上は白くしたかったので、基本の石けんの生地にしました。トップにはローズペタルをあしらって、ケーキのようなデザインにしました。

アルコールで抽出したハーブエキスを石けんに使えるのかなぁと思いましたが、うまくいきました。アルコ-ルが含まれている分、トレースが早かったです。

■ローズの精油を使わないでローズの香りに近づけたい~


エッセンシャルオイルは、ラベンダー、ローズマリー、ローズウッド、ゼラニウムの4種類をミックスしました。

どうしても人工フレグランスを使いたくないので、精油でローズっぽい香りに近づけよう考えてみました。ローズの精油は、お高くてとても石けんには使えませんので…

「あ、バラの香り~」と言っていただくこともあり…、まずまずの成績ではないかと思います。

確かにバラとは別物ですが、優しく甘い香りはローズを思わせます。

デザインも香りも、とても好評です♪

■緑茶よもぎのシアバター石けん

 
緑茶よもぎのシアバター石けん緑茶よもぎのシアバター石けん
620円
シアバターのこっくりとした使い心地と、緑茶の泡立ちのよさをあわせ持った石けんに、よもぎの粉を加えたぜいたくな石けんです。細かいクリーミーな泡立ちです。 無香料ですが、よもぎとシアバターの自然な香りがします。

こちらは、以前グリーンシアとしてお出ししたもののバージョンアップです。

グリーンシアは、素材としてはシアバターと緑茶を使った贅沢なものでしたが、薄グリーンの無表情な石けんだったので訴求力が弱く、今回はよもぎも使ってデザインアップしてみました。

無香料ですが、よもぎとシアバターの香りがします。きめ細かい泡がふんわりとできます。

ほか、ファンの多い「ラスールビー」、当店一番人気の「シアバター10%石けん」、スッキリとした香りの「緑茶石けん」を補充いたしました。


「オリーブの手づくり石けん」で、販売いたしております♪



2013/05/10

「ピンクばら」石けん2個ラピングをはじめました

母の日前ということもあり、石けんのオーダーをたくさんいただいています♪

嬉しいのはリピートして購入してくださること。同じ石けんをまた注文していただけると、「あ、本当に気に入っていただけたんだなぁ」と嬉しくなります!

今回はプレゼントとのことで、ちょっとおめかししてみました。石けん2個用のラッピングです。


茶色のクラフトバッグに入れました。

クラフトバッグのラッピング


この袋の中に、ピンクのお花をあしらった石けんが入っています。

2個入り石けんのラッピング

喜んでいただけるといいな~



「ピンクばら」石けん2個ラッピングは、石けんの代金+150円で承っております♪






2013/05/05

「花いっぱいの手作り石けん」母の日のプレゼント

今年は、花いっぱいの母の日のプレゼント石けんをご用意しています。

こちらは、「パープル・グリーン」。(ほかにピンクもございます)

mother_3.jpg


紫、若緑、白のお花で、シックながら、華やかなイメージに仕上げました。

無着色のラフィアで結んで、リボンの代わりに、お花をあしらっています。拡大すると、こんな感じです。

mother1.jpg

箱を開くとまた、小さなブーケ♪石けん5個と泡たてネットが入っています。

mother_2.jpg

「花いっぱいの手作り石けん」母の日のプレゼント

  • マルセイユ石けん(無香料)
  • シアバター10%石けん(無香料)
  • オレンジバニラ
  • 緑茶ラスール
  • 青森ヒバ・マルセイユ石けん
  • 泡たてネット

大切なお母さまに、感謝の気持ちをお伝えするのに、心のこもった手作り石けんはいかがでしょうか。

代金は、送料込みで4,980円です。

「花いっぱいの手作り石けん」母の日のプレゼントご注文はこちらから>>







2013/04/27

母の日のプレゼント「手づくり石けん」

「オリーブの手づくり石けん」では、母の日の手づくり石けんギフトセットをご用意しています。

こちらは、ピンクバージョンです。

母の日のプレゼント手づくり石けん

ナチュラルボックスをラフィアで結んで、リボンには、キュートなコサージュをあしらいました。

キュートで華やかな花のコサージュ

コサージュは、白いラナンキュラス、ピンクのバラ、実もの、濃いピンクの小花とグリーンのコサージュに、ピンクのサテンリボンを結んでいます。

肝心のギフトの中身は、石けん5個と泡たてネットです。

手づくり石けん5個と泡たてネット

ボックスのフタを空けるとまた、小さなブーケが入っています♪

石けんの内容は、マルセイユ石けん、シアバター10%石けん、オレンジバニラ、スイートレモン、マルセイユのロマンチックフローラルです。

ご予約いただけましたら、ご指定の日にクロネコヤマトにてお届けします。

代金は、送料込みで4,980円です。

ご注文はコチラ>>からお願いいたします。



2012/12/06

山本山のブラジル新茶でインヒューズドオイル仕込み中♪

フェイスブックで、お友だちがシェアしてくれた情報でした。山本山がブラジル新茶を出している、とのこと。

早速、新宿伊勢丹へ~ありましたよ。ブラジル新茶♪

ブラジル新茶パック

「フェイスブックをご覧になったんですか?」と店員さん。反響あったのかもしれませんね。

このブラジル新茶、ずっと出しているそうです。ちょうど今頃、ブラジルは新茶の季節なのだそう。この時期限定商品だとおっしゃっていました。

緑茶は乾燥しているので放射能汚染濃度が高く、気をつかいますが、ブラジル産というと飛び抜けていてよいです。だからといって、今は世界中「ここは放射能汚染されていない」という保証はないのですが、残念ながら国産よりも安心です。

早速、オイルに投入~。ピュアオリーブオイルに入れて、緑茶のインフューズドオイルを作ります。

緑茶インフューズドオイル

半年ほどかけて緑茶成分をオイルに移して抽出する予定です。

なぜかよくわからないのですが、緑茶のインフューズドオイルで作った石けんは、とってもキメの細かい泡がたつのです。この心地よさがよくて、ちょっと手間だし、出費もかさむのですが、緑茶のインフューズドオイルは切らしたくないです。

前回は、福一事故前の宇治茶を使ったのですが、「次は九州産かなぁ…」と思っていたところ、ブラジル産は嬉しかったです!

ブラジル新茶


一杯だけ、緑茶もいただきました。普通の新茶です。決してカーニバルなお味ではありませんでした♪


green_tea_s.jpg 緑茶石けん/580円(80g前後)
■材料:緑茶インフューズドオイル、こめ油、ココナッツオイル、パームオイル、キャスターオイル
■精油:ティートゥリーEO、ローズマリーEO、ユーカリレモンEO、ハッカEO
green_tea_ga_s.jpg 緑茶石けん(ラスール)/620円(80g前後)
■材料:緑茶インフューズドオイル、こめ油、ココナッツオイル、パームオイル、キャスターオイル
■精油:レモングラスEO、ローズマリーEO、ハッカEO


どちらも、緑茶をイメージしたすっきりとした香りで、ご好評いただいております♪やはり、キメ細かい泡立ちも喜んでいただいています。


できるだけ、放射性物質を含まない原料で作った石けん「オリーブの手づくり石けん」というネットショップで販売しています。


*石けんは「日用雑貨」「キッチン用石けん」として販売しております。化粧品、医薬品、医薬部外品のいずれにもあてはまりません。





2012/09/20

廃油のキッチンソープ

朝夕と涼しく、秋の気配が~。石けん作りの季節がやってきました!

まずは、キッチンソープを作りました。

キッチンソープ1209

だいたい一年に3回ほど、キッチンソープを作ります。1回分のコストは650円ほどです。

市販のいろんなキッチンソープを試しましたが、香りが苦手で続きません…。石けんは油や茶渋などの汚れ落ちもよくて、どうしても手作りに戻ってしまいます。

もちろん、溶け崩れやすい、自分で泡立てなければいけない、などの使い勝手の悪さもあります。

そのうえ、手作りは正直やっぱりめんどくさい…。「あぁ、キッチンソープがなくなりそう~作らなきゃ~」というプレッシャーもあります。

でも、それを割り引いても、なんとなくキッチンソープを作ろう!という気持ちにさせられるので、相当、気に入っているのだと思います。手作りキッチンソープの欠点に、愛着を感じるほどです。


<キッチンソープのレシピ>
  • 水道水_472g
  • 苛性ソーダ_179g
  • 廃油_890g
  • パームオイル_200g
  • ココナッツオイル_120g
  • ホワイトカオリン_大さじ3
  • 重曹_大さじ3
  • ひば精油_200滴
*廃油はピュアオリーブオイルで苛性ソーダの量を計算しています。ディスカウント0%

パームオイルを多めに入れると、固めの溶け崩れにくい石けんになります。

ココナッツオイルを多めに入れると、泡立ちのよい石けんになります。

このバランスですが、今回は溶け崩れにくさを優先して、パームオイルを多く入れました

前回この配分を逆にして作ったら、キッチンという水まわりにず~っと置いておくものなので、溶けやすくて不便だったからです。

お顔を洗う石けんなら、泡立ちを優先してもよいかも知れませんが、キッチンソープなら固さをとった方がよいかなぁと考えたからです。


ちなみに、私はキッチンソープは水道水で作っています。結局、お水で流すので…。お顔を洗うなら、精製水を使います。


ディスカウントを0%にしている理由は「重曹を入れるから」です。

化学の知識がないので、経験上でしかわからないのですが、重曹は苛性ソーダと化学反応(?)を起こして、けん化する苛性ソーダが目減りするような気がするのです。重曹を入れると石けんのオイルがワックスペーパーにたくさん染みだすことがあるんです。

ということで、0%にしても苛性ソーダが残るとこはないと予想しています。

念のため重曹を入れないときのディスカウントは、5%にしています。



<キッチンソープに必要な材料>

精製パームオイル 固い石けんを作ります
精製ココナッツオイル きめ細かい泡の石けんを作ります
ホワイトカオリン やさしい研磨剤になります
ひば精油 抗菌と廃油のニオイ消しの効果があります


苛性ソーダは、ネットでは買えません。お近くの薬局に、身分証明書と印鑑を持って行きましょう!

ico_pen1-2.gifブログ内関連記事
廃油キッチンソープのニオイを消す方法




2012/09/06

お安いエッセンシャルで洗濯ものを香りづけ♪

柔軟剤はあまり使わないのですが、洗濯ものにはやっぱり香りが欲しいなぁとずっと思っていました。

ダウニーなどのケミカルな香りは、ちょっと苦手なんです…

とはいっても、エッセンシャルオイルを洗濯機に垂らしたところで、香りなんてちっともつきません

いちど、5mlほどのエッセンシャルオイルを洗濯機に投入したことがありましたが、無残な結果となりました(T_T)

アメリカに住むフェイスブックのお友だちが、洗濯洗剤も柔軟剤も手作りしているといって、レシピをシェアしてくれました。なんと、その柔軟剤は、リンスを使うんです。なるほど考えたものですね♪リンスにクエン酸と重曹などを入れていました。

その方も、エッセンシャルオイルで洗濯ものに香りづけをしたいけれど、弱くてうまくいかないとおっしゃっていました。

と、洗濯ものの香りづけは保留していたんですが「リンス??」とふと思いました。もしかしたら、乳化させたエッセンシャルオイルなら洗濯ものにも香りがつくかも…

ということで、試してみました♪

洗濯の香り付づけ

結論から言うと、うまくいきました!

<洗濯もの香りづけエッセンシャルオイルのレシピ>

ポリソルベート20 乳化剤 15ml
精油・ラベンダー(40/42) トップ~ミドルノート 100滴
精油・パチュリー ベースノート 50滴
精油・レモングラス・インド産 トップノート 50滴
水道水 洗濯用なので… 70ml

<作り方>
  1. ボトルにポリソルベート20を入れる
  2. そこにエッセンシャルオイルを入れてよく混ぜる
  3. そこに水を入れてよく混ぜる

気になるコストですが。800円!?

お洗濯10回分として、一回分が80円…お高いです…

香りづけの効果ですが、まず、洗濯機から出したときにすばらしい香りがします♪

炎天下の太陽の下で乾かすと、ほとんど香りは消えてしまいますが、普通のお天気(晴れとか曇り)の場合ならしっかりと香りが残ります。

特に化繊に強く香りが残りました。主人のユニクロの「シルキードライ」というTシャツみたいなインナーがとってもよい香り~♪

木綿の服も香りますが、化繊ほどではありませんでした。

でも、とってもぜいたくなよい香りです!これはリピしたいです…。


ちなみにエッセンシャルオイルの選び方ですが、やはりできるだけ香りが残る強いものを選びました。

レモングラスはトップノートですが、それでもレモンよりは強く残ってくれます。

オイルを乳化させるというとエマルシファイイングワックス(乳化ワックス)が思いつきますが、これは熱を加えないと乳化できません。エッセンシャルオイルを加熱したら、香りが飛んでしまいそうです。

ということで今回はポリソルベート20を使いました。

ポリソルベート20は、手作り化粧品でよくクレンジングを作るときに使われる乳化剤です。加熱せずに乳化できるので、ちょと不自然な感じ…。ということで、一度はクレンジングを作ってみましたが、あまり使いたくなかったので在庫がありました。

なぜエッセンシャルオイルを洗濯機にそのまま投入しても香りがつかず、乳化させたら香りがつくのかというと、これは私見ですが、乳化されたものは繊維の奥に入り込みやすいのだと思います。

乳化とは、本来混ざらない「水」と「油」を混ぜること

界面活性剤も同じ原理です。洗濯ものは界面活性剤の力で繊維の奥に洗剤を浸透させ、キレイに洗うことができるのですが、同様に、皮ふの奥にも入ってきて、有害物質を体内に取り込んでしまう誘導体として問題になっています。

ということで、乳化させたことで精油のままよりもより繊維の奥に香りが入り込んでよく香ったのだと思います。

あくまでも私の推測ですので、ご了承くださいませ。

コストを抑えるにはポリソルベート20を減らしてみる、が一案です。(それでも100円引きですが…)その場合、もしかしたら分離するかも知れません。

お顔につける乳液なら分離は絶対にNGですが、洗濯ものの香りづけなら振って使えばよいか、と考えています。

そして、もっとお安いエッセンシャルオイルを使えばコストを抑えられます。

今回は、パチュリが15mlで1,600円とちょっと高め。(それでもお安いですが…)。15mlで600円ほどのエッセンシャルオイル(ラベンダーなど)を選べば、100ml400円くらいでできると思います。

<お洗濯に合う♪香りが残りやすくお安いエッセンシャルオイル一覧>

ico_pen1-2.gif関連記事
白ボトル狙い!ケアベール(柔軟剤)を購入しました

洗濯洗剤のラベルをはがしてシンプルなボトルに



2012/06/25

廃油キッチンソープのニオイを消す方法

キッチンソープは、手作りしています。

市販のキッチン用洗剤のケミカルな香りが、苦手になってしまってもう使えません…

ドイツ製のフロッシュも試してみたのですが、泡で出すと洗浄力が弱いし、やはり香りが苦手です。

キッチン用の石けんは、廃油で作っています。

キッチンソープ

廃油で問題になるのが、これまたニオイです。チキンやお魚をフライした酸化した油のあのニオイはいただけません。

ということで私は2段構えで、廃油のニオイ消しをしています。
    • 廃油に炭を入れて保存しておく
    • 石けんのタネに重曹を入れる
です。

これでかなり改善します。

<廃油キッチンソープのレシピ>
  • 水道水_481g
  • 苛性ソーダ_179g
  • 廃油(ピュアオリーブオイルと米油の混合)_975g
  • パーム油_108g
  • ココナッツオイル_150g
  • 水道水_481g
  • 重曹_大さじ3
  • ホワイトカオリンクレイ_大さじ1
  • ヒバオイル_100滴
  • ハッカ油_100滴

*ディスカウント0%

エクセルに式を入れておいて、廃油の分量を入力すると、その他の材料の分量が出るようにしているので、ちょっと半端な数のレシピです。このときは、廃油が975gあったので、このようになりました。

オイルの比率は、以下のとおりです。

<オイルの割合>
  • 廃油_70%
  • パーム油_12%
  • ココナッツ油_18%

キッチンソープのオイル

このように、廃油に炭を入れておきます

効果があるのか、数週間ごとにクンクンしてみたのですが、廃油の時点ではあまりニオイは軽減されていませんでした。

ところが石けんにしたら、ニオイはほとんど気にならない程度にまでなりました♪

重曹の効果かなとも思うのですが、以前、重曹のみで廃油のニオイ消しを試みたときにはうまくいきませんでした。

ということで、炭と重曹の2段構えで対応するようにしています。

重曹を入れると、問題がひとつあります。

石けんを熟成している間にオイルが分離して、石けんを置いてある紙に染みだしてきます。もしかしたら、重曹が苛性ソーダと反応して、オイルがすべてけん化できていないのかも知れません。

そのため、ディスカウントはゼロにしています。キッチンソープなら5%くらいは残すのですが。

前回5%にしたときは、相当量のオイルが染みだしました。今回0%にしたら、やはり染みだしたオイルは少しでした。ということは、もっと苛性ソーダを入れられるということですね。

ただ、重曹と苛性ソーダで何が起きているかは謎です…


エッセンシャルオイルは、ヒバとハッカの香りにして清涼感のあるキッチンソープの香りに仕上げました。


石けんで食器を洗うのは手間のように感じましたが、やはり石けんは汚れ落ちがよいです。茶しぶや油汚れ、シンクの水あかなど気持ちよく落ちるので、石けんに戻ってきました。


精製パームオイル 溶け崩れを防ぎ固くする 1000ml/1,087円
(税込・送料別)
精製ココナッツオイル・食用 きめ細かい泡立ちにする 1000ml/1,134円
(税込・送料別)
ホワイトカオリンクレイ 研磨剤 10g/95円
(税込・送料別)
青森ひば油 抗菌、清涼感 500ml/6,300円
(税・送料込み)
ハッカ油 清涼感 20ml/788円
(税込・送料別)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。