2011/01/28

重宝箒とはりみ

フローリングの掃除の仕方って、人それぞれ。


私のまわりでは、意外と
掃除機をかけるというのが、多数派です。


私はというと、ぬらした「マイクロファイバーのモップ」をかけ
すみに追いやられたゴミを「箒」で掃きとります。



それでも敷居の小さなゴミが気になって、
ダイソンのハンディを検討したのですが、


悩んだ結論は、


やっぱり、箒。


houki_1101.jpg


今までは、無精箒を使っていたのですが、
幅が17cmほどなので、広いスペースを掃くには忙しい
それと、敷居がうまく掃きだせないのも難点でした。


なので、これはベランダ用に下ろして、今回は、
重宝箒を新たに購入♪


専門家にアドバイスをもらいたいと思って、
今回は、ネットでは買わず、
白木屋傳兵衛さんまで足を運びました。


重宝箒よりも、もうひとつランクが上で、
お手軽箒というのもあります。
これは、軽さを重視し、ラクに掃けるそうです。


でも、私は少々重たくても、量がたっぷりあるほうが、
細かいホコリなども逃さず集めてくれそうなので、
重宝箒に決定。



これが、大正解!


問題だった敷居の小さなゴミも、
重宝箒の弾力のあるたっぷりとした箒で、
きれいに掃きだすことができます。



掃除をするのが楽しくなる箒です♪


以前、不精箒といっしょに購入した「はりみ」は、
具合が悪く使いづらくて捨ててしまったのですが、
白木屋傳兵衛さんで実物を見て、また欲しくなり購入。


今度のは、ぴったりと床にはりついて、
ニモがハサミで細々と切った折り紙ひとかけらでも
受けることができます。



確かに静電気がおきず、
はりみからサラサラとゴミが落ちてくれます。


とはいっても、多少は箒でササッと落とす必要はあります。


ちなみに、はりみは穴を空けるサービスもありますが、
白木屋傳兵衛さんで
写真のように自立すると教えてもらいました。


それと、ダイソンをやめて箒にした理由は、


・音がしない(箒はサッサッと心地よい音です)
・収納の場所をとらない
・軽くて気軽に掃除できる
・安い


です。


ico_pen1-2.gif商品リンク先の「江戸のれん」は、
「白木屋傳兵衛」の商品をネットで買えるお店で、
取り扱い商品は同じです。

2010/03/18

ルームソックス

来年の冬のために、
温かいスリッパは今年の冬のバーゲンで買う、
というのがいつもの習慣なんですが、
今年はなぜか、気に入ったものが見つからず。


だいたいジョージズ
モコモコの羊か子犬みたいなスリッパを
2800円を、半額の1400円くらいで買う
というのが相場だったんですが…。


そうこうしてるとき、ご近所に遊びに行ったら、
すごくいいものを教えてもらったんです。


ルームソックス。


靴下のことではなく、
靴下の上に履く、軽いシューズです。


探しました。あちこち。
ネットも検索しまくりました。


そして、やっと見つけたのがコレ。


room_s2.jpg


うちの駅前の薬局にぶらさがってましたよ。
しかも、3足2000円が1000円になって!


room_s.jpg


来客用も含めて、
たくさん買っちゃいました。


なぜ、これがよいかというと。


1)フローリングでも足が温かい
2)座布団に座るとき、ぬがなくてよい
3)洗うのがかんたん
4)スリッパより安い


購入のポイントは、足の裏に滑り止めがついていること。
これがないと歩くとき不便で仕方ないです。


目標の1足500円以下も達成できて、満足。


2009/05/06

箒とちりとり

箒とちりとりを買いました。
もう6年も使ったので、そろそろ換え時かと…。


hoki.jpg


フローリングの掃除はクイックル
でも、部屋のすみっこや、パラパラとしたゴミまではとれないので、
箒で仕上げているんですが、


この箒とちりとり、スバラシイ!
江戸のれんで、見つけました。


前代の、スーパーの2階で買ったものとは、
比較にならない使い勝手のよさです。


何がよいのかというと、


まず、無精箒から。


刷毛の幅が17cmくらいしかないので、
広いスペースを掃くには、向きません。
部屋のすみとか、桟の部分、落ちたパンくずなんかを、
ササッと掃くのにとても便利。


使いはじめ、幅が狭いのは失敗したかなーと思ったんですが、
慣れですね。
小回りが効くのが、快適です。


細かいホコリやゴミまで、気持ちよく集めてくれるので、
掃き終わった後の爽快感は、掃除機後と変わりません。


しかも、1本1,000円。
値段も◎。


じゅうたんも掃いてみましたが、
今すぐ掃除機はかけられないってときの応急処置としては、
充分な成果をあげてくれます。


そして、ちりとり


へりにゴムがついたやつを持っていたので、
買う必要はなかったんですが、


この紙製のちりとりは、静電気がおきず、
ゴミがさらさらーと落ちてストレスがない


というレビューがあったので、
値段も箒より高いので、数日悩みましたが…
古いのは屋外用にシフトする、と帰結し、
おもいきって購入。


たしかに、ちりとりに静電気がおきないって快適です。


大は小を兼ねるので、大を購入。
これも成功だったと思います。


ただ、手作りなんでへりの部分に曲がりのくせがあり、
多少の手直しをして使っています。
この手直しをすれば、細かい砂のようなゴミでもとることができます。


この2つを買って、送料込みで3,150円。
(送料が840円)


送料込みの、ややお得なセットもあります。
(100円お得なだけですが…)


このセットの箒は、長さが59cmと柄が短く、
私が探していた条件を満たしていたので、
かなり悩んだんですが、


箒とちりとりに5千円はないでしょ、と冷静になりNG。



***



その後、箒とはりみを買い足しました。
こちらの記事をご覧ください。


2009/04/30

Amazonのレスポンス

Amazonからレスポンスが着ました。


で、対応は、破損した丸い形と、フタがカタカタするスクエア
本体と送料分を返金、ということでした。


商品自体は、捨ててもいいし、直して使ってもいいし、とのこと。
回収はしないということですね。


ま、そりゃそうか。


ほんとに、1個、余計に頼んでおいてよかった…。
足りない分を再オーダーしたら、
また6,000円以上かかってしまうんで。


メーカー(Golda's Kitchen)から、
破損の謝罪と返金額の詳細についてメールが届き、
その一時間後、クレジットカードに還付される旨、
Amazon顧客サービスからもメールが届きました。


25日(土)にメールして、30日(木)の返事なので、
3~4営業日くらいの返信でしょうか。


ということで、納得のうえ落着です。







2009/04/28

バターベル、届きました!

アメリカのAmazonで注文したバターベル、届きました!


4月20日(月)にオーダーして、
4月24日(金)の昼過ぎに到着。


UPSなんで、クロネコさんが届けてくれました。


配送状況も、移動したステイタスごとに、
時間刻みでレポートを出してくれます。
これは、安心ですね。


そして、この早さにはびっくり。
海外に発注した感覚ではなかったです。


届いたのは、コレ。


丸い形 (バターキーパー 1/2カップ ホワイト)

rou_1.jpg
rou_2.jpg

コスト/3,103円 (本体/1,248円 + 海外送料/1,855円)



スクエア (バターキーパー スクエア)

squ_1.jpg
squ_2.jpg

コスト/2,990円 (本体/1,135円 + 海外送料/1,855円)


やっと5人が集まったので、注文しました。
(1ドル=104円、送料5等分)


やわらかいバター、快適です!!
トーストや料理に、ストレスなく使えるのは、スバラシイ!
バターユーザーには、オススメです。


で、今回購入したバターベルですが、


どちらも磁器です。


バターをすくった感じは、丸もスクエアもOK。
スクエアは角がすくいにくいかなーと思ったんですが、
そんなことはありませんでした。


フタを置く作業も、どちらも◎。
フタのグリップもいいですし、
置いたときの安定感もいいです。


水とバターを入れた重さは、スクエアで850gくらい。
意外と重たいなと思ったんですが、
持ち運びが苦になるほどではありません。


ちなみに水の量ですが、
下の器の1/3くらい入れれば、よさそうです。


水の切れは、構造上スクエアのほうがいいです。
角でしたたらせることができるので。
丸い形は、若干ふちに水滴がつきます。


が、バターがより濡れないのは、丸い形のようです。
バターを入れる部分のふちが、若干すぼまっているんです。
その点、スクエアは多少、無防備な印象です。


このバターが濡れるということですが、
めいっぱい入れたら、もちろん濡れます。


仕組みとしては、お風呂のお湯に洗面器をひっくり返した感じ。


バターベルを水に入れると、フタの重さを利用して
あの感じで沈んでいきます。


個人差があると思いますが、
トーストに塗るバターがほんの少し水で濡れていても、
実感として、私は気になりませんでした。
「やわらかいバターの快適さ」のほうが勝つんでしょうね。


気になったのは、スクエアの上下の合わせ。
無造作にフタをすると、角と角が微妙に合わないことも。
下の角に合わせて、「乗せる」という作業が必要です。


その点、丸い形は、下の器がフタを受けるような構造なので、
どんなふうに置いても、かぱっとフィットします。


それと、スクエアは

squ_3.jpg

こんなふうに、フタと下の器の間に
隙間ができてしまうものもあります。
角度によっては、ぴったりくるんですが…。


毎回、角度や合わせを気にするのは、めんどうかな…と。
2個注文したうち、ひとつは、どうしてもカタカタと音がします。


それと、丸い形の1個が割れていました。


ということで、破損があったので、
フタのカタカタと鳴るのもついでに、不具合ということで
Amazonに連絡中です。
(→Amazonからのレスポンスはコチラ 09/04/30)


こんなこともあるかなーと、1個多く注文しておいて正解。
オーダーしてくれた皆さまには、すぐにお届けできました。
それは、一安心。




2009/02/26

アメリカのAmazonで、バターベルが欲しい!

「バターベル」、というものがあるのだそう。


フタのところにバターをセットして、器のほうには水を入れます。
そすると、バターが水に浸されて、空気に触れず酸化しない。
常温で40日OKなんですって。


よくないですか?


テレビを見てたら、香坂みゆきさんが自宅で重宝してるって
紹介してたんで、興味津々。
ご主人が、仕事でアメリカに行ったとき見つけて買ったそう。


探してみたんだけど、日本では入手困難。


こういうサイトがあるんですが、いいお値段。


アメリカのAmazonで見たら、日本への送料込みでも6200円。


だったら、そっちで欲しいな、と。


*ちなみに、さっきの赤いやつは日本へは送ってもらえません。


このサイトのうち、日本へ送ってもらえるのは、

No.4
1/2カップ入ります。
かわいい、使いやすいと評価が高いです。
とってが持ちやすい、厚くて丈夫、ちょうどよい大きさ。
バターが柔らかく新鮮、、など。


NO.5
1/2カップ入ります。
使い勝手には触れず、デザインが素敵という評価です。


NO.12
1カップ入るのがいいけど、筒状の器にバターを入れ込むのが困難。
コンテンポラリーなデザインがいい、などの評価です。


そうはいっても、1人で買うと送料が5000円…。


本体は円高の恩恵を受けて、1200円くらい。


5人くらい集まると送料が1人1900円+国内宅配料(640円)
くらいになりそうなんで、共同購入する人を募集してます。


今のところ3人集まったので、4人目の方の参加が決まると
送料は2030円+640円です。


バター派で、固いバターにストレスを感じている人、
2~3日おきの水替えがめんどうでない人、
まだお気に入りのバターキーパーにめぐり合っていない人、
いかがですか。


興味のある方、メールをお待ちしています。


*ブログに掲載しておきながら申し訳ないですが、
ご連絡は、私と面識のある方に限らせていただきます。
また、目標人数(5人)に達した時点で注文するので、
締め切り告知とかはしませんので、ご了承くださいませ。


*************************************

その後、これ、注文してみました。
結果レポートは、「バターベル、届きました!」をご覧ください。
09/04/28

*************************************




2009/01/20

エコじゃなくて、ごめんなさい!

20年くらい使った綿布団を、2組、捨てました。


綿布団は、打ち直しをすれば、すばらしく再生します。
再利用できるものを、ゴミにしてしまったんです
あぁ、ごめんなさい…。


かなり悩んだんですが、スザキーズを買いました。


で、この布団、よいです。


届いたときから、清潔感のオーラを感じました。


化繊わたの布団なんか…と思ったんですが、
これが、ダニをよせつけず、ホコリも出さないっていうんです。


使ってまだ3ヶ月ほどですが、確かに、中からホコリは出てこない。
表面のホコリをはらうと、すぐおさまります。


しかも、三枚おろし構造の敷き布団(ファスナーで合体)と、
すべての掛け布団が洗濯機で洗えます。


掛け布団は、「羽根布団のよう!」という評価もありましたが、
それはチト言い過ぎかなぁ。
羽布団ほどのフィット感はないですが、
ふんわり軽く、とても温かいです。


日々の家事のメインはホコリとの戦い。
布団は、ホコリとダニの温床なんで、お値段はそれなりですが、
かなり満足してます。


深刻なアレルギーの方には、目に見える効果があるそうです。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。